FC2ブログ

★ お知らせ ★

私の経験から書いていますが、うつ状態は人それぞれ違うことをご理解の上、お読み下さい。
うつは治ります。私は治ってから再発していません。
 ★うつ病について ~皆でよくなるために~ 2011/7/8up
 
読んでくださってありがとうございます。 facebookを始めたところ、二重にアップしていくのが難しくなってきましたので、 日記はfacebookで友達のみ公開していくことにしました。 友人、知人の皆様、旧姓で登録していますので友達申請をお願い致します。 こちらのブログはこのまま残します。 これから更新するのは、うつ病に関してのみです。 少しでも役立てば嬉しいです。 あなたは決してひとりではありません。 病気のために気付いていないだけです。 皆で元気になりましょう!! 2012.9.27   みもざ

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-10-30(Mon)

うつ病を治すために、まずはじめに

うつ病を治すために、まずはじめに一番大なことは、患者本人に「治したい!」または「治りたい!」という意思があることです。
明確でなくても例えば「今の状態から抜け出したい」という気持ちでも十分だと私は思います。

ご本人は今一番つらいでしょうから、明確に治したい!という気持ちまで持っていくことが厳しいかもしれませんね。
周りの方は早く治ってほしくて見ていてイライラしたり、ハラハラしたりするでしょうが、
前を向くことがとても厳しい状況であれば、解毒からはじめて体を先に元気にして、
気持ちを前向きに持って行ってから、患者本人に「治したい!」と思わせるのも手かもしれません。
ただし、これは患者本人がそう思わないと薬代が無駄になる可能性もありますが。

本人が今のままでいいと思っているうちは、周りが何を言っても治りません。
例えば薬で体だけ治したとしても、また再発する可能性が高いでしょう。
私も自分で体験しましたが、治りたいと思ってはいても、処方薬だけで治ったときは結局再発しました。


治す順序
1.肝臓を解毒してから体を元気にする
2.体が元気になってやる気が出た時にカウンセリングを受け、うつにならないような考え方、モノの見方を学ぶ
3.自己カウンセリングと自分でできることで再発を防ぐ



また、解毒がうまくいって体が元気になっても、そこで満足してカウンセリングを受けず漢方薬をやめると、一か月くらいするとまた肝臓が元に戻ってしまい、解毒前と同じ状態に戻り、飲んだ薬代が無駄になります。
これは、私ではないのですが実際に目の当たりにしたので断言できます。
まずはご本人に治りたいという意思があるのが大前提です。


私の場合の話をさせていただくと、、、
自分で病気だと言ってはいたものの、なんで私がと心の中では思っており、自分自身で病気であることを認めてはいなかったように思います。
そういう時は旦那に対しても「私は病気なのになんで分かってくれないんだろう」と不満で、自分以外の誰かに対して病気なのにと言い訳していたように思います。
ちょっと今となってはどういう時だったのか思い出せませんが、ある時ふとした瞬間に「あれ?私、病気だ。このままじゃ自分も旦那も駄目になる」とストンと素直に思えたんです。
その瞬間が治すという道のスタートラインに立った瞬間だったと思います。
口には出していても、自分で素直に病気だと認めることは非常に難しいことだったと今でも思います。
一人ではないこと。誰かが治ってほしいと切実に願ってくれていることが私には励みでした。
楽になりたいときもありましたが、そんな気を起こすくらいなら、治す方に頑張って皆と笑いたいと思って日々を過ごしていました。
しんどい時もあり、時間もかかりましたが、治してくれる方々に再会して、徐々にいい方に向かって行ったように思います。
今だからこそ私は、本人がスタートラインに立たないと治らないと思っています。
自分が病気だと認めることは怖いと思いますが、あなたはひとりではありません。
あなたが思っている以上に心配してくれている人がいます。
是非ともスタートラインに立って、治してください。



それから、できればまず、カウンセリングをしてくれる先生を見つけておいた方がいいでしょう
普通のというか、私がかかったドクターはほぼ、話を聞いてくれるだけでした。
治してくださった先生も仰ってましたが、アクティブなカウンセリングをしてくれる先生は少ないようです。
私を治してくださった先生は閉院していましたので、現在お世話になっている薬剤師さんに伺ったところ、
筑波大のxx先生に師事したドクターならば、幼少期まで遡ってカウンセリングしてくれるそうです。

漢方薬を手に入れられる薬局を近所で探すこと。
遠くても発送してくれる薬局もあるので、探してみてください。
漢方の薬剤師さんは舌や目などの色から体調を把握したりして、その方に合った薬を紹介してくれますので、実際にあってその時にあったものを処方してもらった方がいいと思ったので、近所でと言及しました。
渡辺オイスター研究所で聞くというのも一つの手かもしれません。
取扱店は、しっかりしたお店で漢方を扱っているお店が多いと思います。

では、次から治す順序をそれぞれ説明していきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

明日の笑顔のために
今、できること ρ('-'* )

もったいない
 
毎日、できること ρ('-'* )

 
Recent Entry
Comment
Link
Category
Monthly Entry
Profile

ゆずです♪

管理人:みもざ  管理
うさぎ、miffy、B'z大好きな主婦です♪
高知出身、神奈川在住。
7年間うつ病療養して、2010年9月にお薬止めることができました!
 

 

*script by KT*

今日もチャレンジ♪ ρ(・・*)

 
 
イイよ♪ ( ̄ー☆


Amazon.co.jpアソシエイト










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。